あべの

説明会や面接の服装、「私服OK」と「私服でお越しください」は別物!?日本語は難しい@就活

説明会や、面接のときに気になるのが持ち物と服装でございます。

基本的にはスーツですが、まれにこういうのがありますね。

私服Ok!っていうのと、私服でお越しください!というもの

この私服OK!と私服でお越しください。という表記は、全く異なるものなので注意しましょう。


要するに私服OK!は、私服で来てもいいよ?ぐらいのニュアンスです。

よって、あー私服でいいんだーつって私服で行くと、自分以外は全員スーツだった

などというすごい難易度の低いウォ〇リーを探せみたいになっちゃうので注意しましょう。

勿論私服OKなのだからその格好で落ちることはありません。

ただし、なぜ私服で来たのか、理由を答えなければならないことはあります。

私服OKだからなんとなく…ではダメなわけです。

何故私服を選んだか、理由を考えておきましょう。


次に私服で来てください。

これは私服で行った方がよい表記ですね、わざわざ私服でって書いてあるわけで。

こういった表記の企業は、そもそもスーツを着て働く職種じゃない場合が多数です。

クリエイティブな業界とか、会社自体がそういう風潮なので、私服を推奨しているのでしょう。

これは逆にスーツで行くと浮くことがあります、フワッフワ。

就活の正しい戦闘服で、あっつい思いしてきたのに

「え…あいつなんでスーツなの…?」と思われちゃったら骨折り損のくたびれもうけってやつでございます。


とくにアパレル業界の私服で来てくださいはくれぐれも私服で行きましょう。

それ、多分私服のセンスをみる一種の選考です。

もっとも、とやかくいったところで就活の正装はスーツでございます。

どうしたらいいかわからなくなったときはスーツで行くのが無難ではあります。

ただし、私服で行く場合ですが、くれぐれもマジの普段着で行くのはやめましょう。

ありのままのわたしを!とかそういうアレじゃないです、は、はい。

普段から清潔感ある服装を心掛けてるから大丈夫!って方もいらっしゃるでしょうが

もういっそ、スーツのようにオフィスカジュアルな服、用意しといたほうがいいかもしれません。

くれぐれも、就活の場にあった、社会の場にあった私服で挑んでください。

MENU