梅田
スタジオ728

【対角線構図のお話の巻。】|スタジオカメラマン撮影

【対角線構図のお話の巻。】|スタジオカメラマン撮影



構図の基本としてたくさんあります。代表的なももので対角線構図が

わかりやすいと思います。対角線構図は被写体を対角線上に配置したり

対角線上に斜めに傾けて構図したりする方法です。基本的に写真に、

静止していない「動き」「奥行き」を表現できます。つまり、日頃の

動きのない単調なレイアウト(被写体)に対し意図して動きをつける

から、予想以上に目に止まります。ぜひ、試してみてください。

撮影データー WB:5200K 絞り/F16 S/125 ISO200

MENU