千里中央

桜咲く4月です!新年度がはじまりました。入園、入学おめでとうございます!

入園・入学R4月になりました。だん暖かくなり、あちこちで桜が満開になってます。桜といえばやっぱりお花見ですよねぇ!花見に行かれました?それともこれから予定っしてるのですか?

4月は新しいスタートの時期です。新学期になり学生さんは学年が1つ上になり、入園式、小・中・高・大学と入学式があり、企業は入社式があります。私たち消費者は物の値上がりで落ち込みます。

なぜ日本の学校が4月に入学するようになったのでしょう?

■日本の入学時期の変遷

今でこそ4月入学は当たり前になっていますが、昔からそうだったわけではなかったそうです。江戸時代は寺子屋、私塾、藩校などでは特に入学の時期は定めず、随時入学できてたそうです。明治時代初期は明治維新により西洋の教育が導入され、高等教育では9月入学が主流となったのです。しかし、富国強兵政策の影響もあって、様々な新年度が4月から始まるようになったらしいです。

 ○1886年(明治19年)に政府の会計年度が4月ー3月になった。会計年度に合うよう、小学校で4月入学が奨励されるようになった。

 ○1888年(明治21年)には全国の師範学校も4月入学となる。

 ○1900年(明治33年)小学校が正式に4月入学となる。

 ○1919年(大正8年)旧制高校が4月入学となる。

 ○1921年(大正10年)帝国大学が4月入学となる。

その後も9月入学を続ける私学もあったそうですが、やがて4月入学が定着し、現在にいたってるそうです。こうして振り返ってみると、4月始まりの季節になったのは複雑な事情があったからなんですね。   こんな経緯があるとは知らなかったなぁ!

053-1R







入園式、入学式を迎えられる本人達は希望と不安が入り混じってることでしょう。大事な子供の記念日なので、本人よりも親御さんもソワソワしてませんか?

せっかくの子供の晴れ姿じゃないですか。しかも大変な受験に望んで、晴れて合格して入ったわけですから。

めーいっぱいおしゃれして出席しましょう。。。

親にも子にも二度とない日なのです!

家族にとってそんな特別な日を特別の1枚の写真に残しましょう!

imasia_10460902_XLR


MENU