岡垣
after

インターンや就活でのネクタイピンについて

就活の際にネクタイピンはどうしたら良いのか悩んでいるという人も多いかもしれませんが、これは悩んだのであればつけなくて問題ないという答えになります。


つけなければマナー違反というものではありませんので、つけなくても問題はないのです。

むしろ、下手におしゃれを演出するようなものとなると就活の場にふさわしくないと判断をされてしまって、マイナスの印象を持たれてしまうこともありますから、そのようなリスクを考えるのであればしないほうが安全ということになります。

就活においてネクタイピンの存在というのは基本的に、プラスにもマイナスにもならないかあるいはマイナスになってしまうことのほうが多いので、それだったらしないほうが良いということになるのです。

それではしていたからと言って大きなマイナスになるのかというとそうでもなく、プラスになる可能性もあるのでその点を理解して用いれば悪いものはないのでネクタイピンの選びかた、使い方を間違わなければ使用しても問題はありません。

まず、派手なものは絶対に避けなければならずファッション性の強いものは、マイナスの印象になってしまうので注意が必要です。

逆に自身でおとなしいシルバーのタイプのものとなれば、ついていて目立つものではありませんしネクタイを固定することができるという実用性の面でも利点がありますから、悪い印象を持たれることのないシンプルなものであれば問題はありません。

次に付ける位置ですが、ジャケットの第一ボタンの上部ぐらいの見えるか見えないかぐらいの位置につけるのがポイントです。

就活においてネクタイピンというのは見せるようなものではありませんから、ネクタイピンが余り目立つようなところについているとマイナスになってしまう恐れがあります。

目立たないところについているのであれば、おしゃれ感よりも実用性を取っている使い方と見えますから悪い印象も持たれづらく、むしろ引き締まった印象となってプラスに働くこともあります。


就活活動での服装、身だしなみやヘアメイクなどお困りのことなどございましたら、スタジオ728までお気軽にご相談下さい。

MENU