銀座
201702-03-ginza-01

就活写真はスピード写真よりスタジオ撮影の方が安いって知っていましたか?

いよいよ就活シーズンの幕開けです。
早い学生は昨年の12月から撮影のために、ご来店されました。
2月12日掲載の「就活用の写真は何枚作成するべき?枚数目安と費用について」にて、ご案内した通り20-40社の応募が目安となります。

1、写真はどこで用意出来るの?

駅や商業施設に証明写真ボックス(以下、ボックス)が据え付けられていますので、そこで撮影すれば写真とデータが得られます。
もちろん、スタジオでも同様です。
では、どちらで撮影したらいいのでしょうか?


2、証明写真ボックス

ボックスの黎明期は「早さ」が際立っていました。
なぜなら、ボックスが世に登場した際はデジタルの「デ」の字もない時代で、フィルムで撮影して現像してプリントという工程を経るため、写真を手にするのに時間を要しましたからです。
そんな時代背景からボックスが生まれたのです。
開発・製造した会社には申し訳ありませんが、ボックスの写真は「早かろう」「安かろう」でした。

しかし、スタジオがデジタル化するのに従い、ボックスもデジタルが図られ品質も大幅に向上しました。
機能としては、
 ・優しい音声ガイダンス
 ・美肌モード(名の通り肌を明るくキレイに仕上げます)
 ・撮り直しもOK(時間制だったり1回限りと回数しばり)
 ・写真サイズも多種多様
 ・スマホでデータを受け取れます(機種により不可)
などが盛り込まれています。
これだけ、揃っていればボックスで十分なのでは?と考えてしまいます。
なぜなら、一枚当たり約200円程度で、低コストなのです。


3、スタジオ

スタジオもデジタル化により、作業工程などが大幅に変わりました。
 ・撮影した写真を直ぐに確認でき、お客様にプレゼンが出来る
 ・デジタル加工により写真の修正が出来る
 ・納期の大幅な短縮(即日、納品可)
 ・不測の事態による撮り直しが出来る
 ・写真をデータ管理し、焼き増しに迅速な対応が出来る
などです。
スタジオ728では、スタンダードプランの四枚セットで1,650円です。一枚当たり約400円なります。
ボックスの2倍のコストになります。
さぞかしスタジオは敷居が高い上に、コストも高い印象をもたれたことでしょう。
しかし、それでもスタジオでの撮影を、推します。


4、オススメのワケ

1、経験が生きます

人にはクセというものがあります。
椅子に座ったとき右肩が下がる、頭が左に倒れる、顔がやや右を向く、アゴが上がり気味(引き気味)など、色々あります。
それらは人の目や感覚を研ぎ澄まさないと気づきません。また写真にすると目立ってしまうものなのです。
全てが最適な状態で撮影するには熟練の技、すなわちプロの技がものを言います。

2、コスパ

くどいようですが、今年も応募は20-40社が目安です。すなわち、

プラン料金一枚当たりの単価
スタンダード4枚セット1,650円約410円
美肌仕上げ4枚セット1,980円495円
美肌仕上げ20枚セット4,400円220円
美肌仕上げ40枚セット7,100円約178円

上記、表をみますとボックスと遜色のないコストになります。
以上を踏まえてのスタジオ推しです。如何でしょうか。


5、最後に

手元に写真の予備がなく、明朝10時に写真が必要になった場合、スタジオの開店なんて待っていられません。
そんなときはボックスをオススメ致します。だって、スタジオが開いていないので仕方がありません。

緊急時は仕方ありませんが、それ以外はスタジオでの撮影をオススメ致します。


担当:いりえ


MENU