府内
女性メモ

こんな就活メールは嫌だ!

現代の就活には、メールは欠かせないものになっています。


採用担当者との連絡はメールで行うことも多いですので、メールの常識を知り、マナーを守って使うようにしなくてはなりません。



メールというのは文章だけのやり取りになりますので、相手の顔が見えない状態で行うものです。
文面だけで相手を想像するようになる点もあり、非常に怖い面もあります。



印象が悪くならないようにするためにも、こんなメールは嫌だと思われるようなものを送らないようにしましょう。


例えば、友達に送るメールと同じ感覚で送っている場合です。



ビックリマークをつけたり、はてなマークを使ったりと、友達とのやり取りと同じようにしてしまう人がいます。敬語を使っていればそういったマークがついていても大丈夫と思ってしまうのかもしれませんが、これらはビジネスの世界では使わない方がいいでしょう。


マークをつけなくても気持ちは通じるものですので、つけずに送った方が印象がよくなります。
文章を書くときにも、ある程度、改行を入れながら記入をしておかなければ、読みにくい文章になってしまいます。


句読点も同じで、だらだらと長い文章を書いているようでは、どこで区切ればいいのかわかりにくくなりますので、読みにくい文章になってしまうのです。


文章を書くときには、ある程度句読点や改行を入れながら書くようにし、読みやすい文章にしなくてはなりません。


読みにくければ、読んでいる時点で疲れさせてしまうことになりますので、読む気力を奪うことになります。


読みづらいと感じれば、雇っても仕事が出来ないだろうという印象を与えかねませんので、読みやすい文章を作らなくてはならないのです。


メールというのは、後にも残るものになりますので、下手な文章をおくるわけにはいきません。
誤字や脱字はもってのほかになりますので、送信をする前に再度確認をするようにして、間違いのない状態かを確認してから送るようにしましょう。

MENU