千里中央
スーツと履歴書

専門学校生の就活と資格

基本的には専門職で資格が必要なもの以外は、資格というのはそれほど重要ではありません。むしろ資格が必要というのは誰にでもできるというか、仕事としては機械的な作業が多いでしょう。



最近はその傾向がより強く、資格の勉強をするということよりも就活においては情報を得て考えるというようなことが重要になります。



これは専門学校生だけでなく、誰でも同じことです。学歴や資格が役立つというのはどちらかというと古い体質の企業で、実際に市場に対して有効な手段を取るためにはそういうことよりも自分の頭で考えるという能力が必要でしょう。



これは、会社に就職するか個人でやっていくかに関係なく、市場に求められているものは何で、そのためには何のスキルが必要かというようなことを考えるのです。考えるというのはゼロから生み出すのではなく、情報を得て対策を行うということです。



インターネットを活用して就活も進めるでしょうが、資格というよりは実務に役立つスキルや、その会社が市場に対して何を提供しているかを考えるというようなことが重要です。市場を分析してスキルを高めることができれば、職場に入った実践の場で多くの活躍の機会を得ることが可能ということです。



専門職的な仕事にしてもインターネット上で募集していたりするので、なんとなく会社を選択するというよりは、自分の道筋を考えるということが重要になります。たとえば、会社に入ったあとに市場に必要なスキルを身に付けて個人化できるようにするというような目標を持つということになります。資格というのは単に道具に過ぎないので、いかに活用するかということが大切なのです。

MENU