千里中央

就活における腕時計は必要か?

これまでスーツには腕時計を着用するのがマナーだという考え方が深く根付いていました。

時間を守るビジネスマンの最低限のマナー。そして、時計は一人前の社会人の象徴とほんの数年前まで、「良い時計」を買うのが当たり前だったのです。

ところが、正確な時計機能を併せ持つ携帯電話・スマートホンの普及に応じて腕時計は衰退の一歩をたどっています。ただ今も時計が好きな人はたくさんいます。今では、若手ビジネスマンや働いてる女性の方は

腕時計を付けないことも一般化されつつあるのです。

就活においてもそうです、面接にスーツで挑むのは「マナー」です。そして、一昔前まではスーツに腕時計を付けるのも「マナー」でした。前述の通り腕時計神話は崩壊しつつあります。

「就活に腕時計は必要なのでしょうか?」

「就活用の時計を新たに購入した方が良いのでしょうか?」

必須ではありませんが、あるに越したことはないでしょう。腕時計を着用せずに就活を成功させた学生なんて数えきれないほどいます。

腕時計を付けること勧める理由

面接に備えるという意味で、腕時計はつけておく事をお勧めします。もしかしたら実際社会人になったら必要なくなるかもしれませんし、面接先の会社の人も誰もつけてないかも知れません。それでも面接の時はしておいた方が良いでしょう。先ず相手の面接担当者が、「腕時計はもう必要ないでしょう」という考えでいる人かどうかわからないからです。年配の人の中には「スーツには腕時計をはめるべき」という考えの人もいます。そしてそれは確かに、携帯電話・スマートホンを時計代わりに使うという流れが出てくる前まで「スーツの常識」でしたから。その常識を今も守る人がたまたま面接官で、あなたに対して「この人はどうして腕時計をしないのだろう?」気付いてしまったとしましょう。少なくとも面接官は「自分の持つ常識とは違う感覚を持っている人だ」と評価します。だからマイナス点になるという訳ではありません。

就活生の多くは「見た目で判断するなんて酷い。内面を見てほしいと考えていますが、面接官だって人間ですから。

きっちりとした見た目で、背筋を伸ばして、こちらをしっかりと見て「御社で働きたい」という人間

だらしない格好で、背筋が曲がっていて、目も合わさずに「御社で働きたい」という人間

100人いれば100人が見た目が良い方を選びます。そして、スーツの袖部分から腕時計が見えた方が、見栄えが良いです。それに試験が実施される場所は様々なので、会場に時計がない可能性があります。

自分にあった就活の方法を見つけて、みなさんが希望の企業や業界に勧めますように! ! !


MENU