神戸元町
スマホ女性

就活での電話失敗例あるあるダイジェスト!!

就活の際には、電話でのマナーも身に付けておかなくてはなりません。



応募していた企業から電話がかかってくることもありますので、失敗をしないように気をつけましょう。
せっかく興味を持ってもらえたというのに、電話での対応が悪くてマイナス印象を与えてしまうことになってもいけません。



電話がかかってきたときによくある失敗例としては、折り返しかけるときです。



タイミングが悪くて電話に出ることが出来なかった場合には折り返しかけなくてはなりませんが、この際によくあるのが急いで折り返さなくてはと思って、慌ててしまうことです。



電話をするときには静かな場所で電波がいいところを選んでかけるようにしましょう。



早くかけなければと、気づいたその場で折り返しをしてしまえば、周囲が騒がしくて何を言っているのかわからなくなる時があります。



そして、電波が悪い場所であれば重要な部分が聞き取れなかったり、途中で通話が切れてしまうこともあるでしょう。



落ち着いて話をするためには、場所と電波は重要です。


他にもよくある失敗例が、準備不足で折り返しをしてしまうことがあります。
かける前には、自分のスケジュールをしっかりと確認しておかなくてはなりません。



面接の日時のことで電話をかけてきてくれていた場合に、すぐにこちらのスケジュールが答えられないとなると、やる気がないとみなされてもいけませんので、すぐにスケジュールをこたえられる状態にしておくことです。



そして、メモの準備をしてかけることも忘れないようにしましょう。



日時くらいであればメモをしなくても覚えておけると思うかもしれませんが、実際に話をしてみると緊張のあまりすぐに忘れてしまうこともあります。



メモをせずに忘れてしまった場合には、もう一度かけて確認をするわけにも行けません。



日時を間違えてしまえば大変ですので、忘れないようにするためにも、必ずメモを取りながら電話をかけるようにして、間違いがないようにしましょう。

MENU