秋葉原
コート

派手すぎる就活コートを選んではいけない理由

企業から内定をもらってそこで働くためには、面接や筆記で認めてもらう必要があります。
中でも面接での印象はとても重要です。人事担当の人は履歴書を見てその人の学歴や持っている資格で、企業にふさわしい人材であるか、必要としている人材であるかどうかを見極めます。



そして、実際に外見を見て志望動機を聞いたり話をしたりしたうえで、採用するかしないかを判断します。

就活と言ったらスーツですが、冬は寒いのでコートを着用して企業に面接へ行く人が多いです。



スーツを着ているからといって普段着るような派手な色のコートや柄や模様の入ったコートを着て行くのは厳禁です。



なぜならば、面接での第一印象はとても重要だからです。



面接室に入る時にはコートを脱いでスーツのみで入室するでしょう。


しかし、企業は会社の門を入るところから見ています。


必ずこの会社で働きたいと思う人が派手な色や柄の入ったコートを着てくるでしょうか。
本気で働きたいと思う人ならば誰が見ても好印象な黒やグレーなどの落ち着いた暗めのものを着用するでしょう。



面接官は学歴も見ますが、その人の外見も重視します。



内面は外見にあらわれるというので、絶対に企業に入りたいと思うのならば誠意を表すためにも、きちんとした黒やグレーのコートを着用していきましょう。




また、派手な色や柄のものを選んではいけないもう一つの理由としては、目立つからです。



面接を受けに来る段階で派手なコートを着ていると、社員の人は良い印象を受けません。



また、非常識な人にも見られてしまい、企業側は欲しくない人材と見極めてしまいます。
社会人になりたての新人なのですから、目立ってはいけません。控えめにすることが大切です。




就活をして企業様に好印象を持ってもらいたいのならば、派手なものではなく、黒色やグレーなどの暗めなコートを着用し、常識のある行動をすることが大切です。

MENU