心斎橋
004

証明写真って賞味期限があるの、知ってた?

皆さまこんにちわー♪

カメラのナニワ スタジオ728心斎橋店 スタッフIです☆



6月頃から、インターンシップが始まりますね!

インターンシップに必要になってくる

証明写真の撮影をされる方は多いと思いますが

インターンシップが終わり何ヶ月か経ち

いざ就活!という時に……

あ、証明写真ってもう一回撮った方がいいの?

まだ写真残ってるしなぁ……

あ、でも履歴書に3ヶ月以内の写真って書いてある……

という疑問がよぎる方が多々いらっしゃると思います!


という事で今回は

証明写真の期限についてのお話をしようと思います☆



履歴書の証明写真が

6ヶ月以内と規定されている理由

そもそも何故、一般的に証明写真が

3ヶ月以内や6ヶ月以内に規定されているのか!

それは、社会のルールが関係しています。

企業や行政機関が、撮影日に関する期限を指定しているから

というのが大きな理由です。

特にパスポートや、運転免許証などは

公的な証明書になりますので

本人であることが分かる、という期限を

6ヶ月に線引きしているのです!




履歴書の証明写真は?

履歴書の証明写真こそ

1年前の写真残ってる!これ使っちゃえー★

というのはよろしくありません!

大人になったら1年とか経っても

顔とか変わらないから大丈夫大丈夫!

という方も中にはいらっしゃいます。

変わらない方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、髪形が変わるだけでも人の印象は変わるものです!

ましてや、今は髪が長めなのに写真では短い…

なんてことになったら

「え、いつ撮った写真かな?」

となることは必須です(汗

(そんなに早く髪が伸びることは、まぁないでしょう。)



証明写真は、本人であるということを証明するためのものです。

ですから、現在の自分と写真の自分の印象が違いすぎると

『証明写真』とは言えなくなってしまいます!

面接時に変なギャップを生まないためにも

出来れば3ヶ月以内、最低でも6ヶ月以内

今の自身に一番近いと言える

証明写真が必要ですね



いつ撮った写真か、というのは

正直に言ったところ相手方にはわからないと思います。

しかし、実際に面接に来た人と

大きく違う写真が履歴書に貼られていたら

ギャップを抱くだけでなく

「昔の写真かな……」

と相手の心証を悪くすることは十分に考えられます。

選考では印象が何より大事です!

改めて撮っておけばよかった……!

などの後悔が残らないように万全の準備をしましょう!





MENU