筑紫野
サマーインターン

応募前に調べておきたいインターンシップ:サマーインターン

最近は、就職活動が多様化しており、大学生や大学院生の夏休みにインターンシップを行う企業が増えています。これは、「サマーインターン」とも呼ばれており、外資系の企業では以前から行われてきました。




企業側にとっては、サマーインターンで学生の性格や働き方を確認することができ、採用後のミスマッチを防ぐことができます。学生側にとっても利点があり、実際にオフィスで時間を過ごすことによって、企業の従業員の人たちがどのような環境で働いているかを見ることができます。


人気企業では、インターンシップに対しても多数の学生が応募するため、サマーインターンは狭き門になっています。日本企業では、インターンシップに報酬を出しているところは少数派ですが、外資系企業では報酬が出るところが多くなっています。


海外に留学している学生などであれば、アメリカやヨーロッパにある企業などで長期のサマーインターンを実施しているところに応募することで、長期のインターンシップを経験することも可能になっています。

日本のサマーインターンでは、春ごろから募集をかける企業が多く、ホームページやウェブサイトなどをこまめにチェックすることによって、最新の情報を収集しておくことが大切になります。


日本企業の場合、1週間から10日程度の短いインターンシップを提供しているところが多くなっています。ただ、1カ月くらいの長期サマーインターンの募集を行っているところもありますので、自分の夏休みの予定などを確認の上で応募することが必要になります。


インターンシップであっても、面接や試験がある企業があるため、サマーインターンを経験したいと考えている企業がある場合、経験者などの話を聞くなどして準備をしておくことが必要になります。




インターンシップは採用と関連があまりないという言う企業もありますが、良い印象を残しておくことで、今後の社会人生活にプラスになりますので、一生懸命やることが重要です。

MENU