あべの
gahag-0112256503-1

婚活で役立つかもしれない「ある法則」をご存知ですか?

婚活でまず一番意識しておきたいこととは・・・やはり何と言っても「第一印象」ですよね。就活やビジネスでも良く大事と言われますが、婚活についても第一印象でバッチリ相手に好印象を持ってもらえることが何よりですし、そこからその先に繋がるわけですからね。私も最近知りましたが、実は第一印象について「ある法則」があるそうなので、今回ご紹介したいと思います。

それは「メラビアンの法則」です。1971年に米国の心理学者アルバート・メラビアンが行った研究では、出会ったときの最初の数秒でその人の第一印象が決まるということが分かりました。

この研究は好意・反感などの態度や感情のコミュニケーションについてを扱う実験で、感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合。

この割合から「7-38-55のルール」とも言われる。「言語情報=Verbal」「聴覚情報=Vocal」「視覚情報=Visual」の頭文字を取って「3Vの法則」とも言われている。

※ウィキペディア参照

コミュニケーションを「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」で分けて効果的に伝わるコミュニケーションをする為に、「3つのV」が互いに補完しあう必要があります。そして3つが一致する時、伝わる力がアップします。楽しい話をする時は楽しそうな声で、楽しそうな身振り手振りで話をする。その時、最も「楽しさ」が伝わるわけです。「第一印象は出会って数秒で決まる」ということもよく耳にしますよね。第一印象には目からの視覚情報が大きな役割を果たしているということです。第一印象が大事なことは皆様ご存知だとは思いますが、ここで改めてどのようなことに注意していれば第一印象を良く見せられるか・・・

顔の「表情」

第一印象で見られることとしては、やはり顔全体の表情を見ることが多く、顔全体の表情を見ることでその人の状態がわかります。笑顔の場合は優しい、リラックスしている感じに見えますし、無表情の場合は怖い、緊張している感じに見えてしまいます。顔の中でも特に「眉毛」によって相手の印象が大きく変わるとことがあります。顔の表情は相手に対して比較的、ものの数秒で印象付けられます。

  • 髪形

髪形はそれこそ個性があるので、髪形によってどんな人かを判断されがちです。寝ぐせのある人は、だらしなさや信用をされにくいですし清潔感のあるきちんと整えた髪形ならば信用を出来ます。第一印象では髪形によっても判断されてしまいます。

  • 服装や雰囲気

第一印象では相手の服装もですが、雰囲気も見られることがあります。その人に合った服装であるか。着こなしもチェックしますがネクタイが曲がっている、ボタンが外れている・・・そこはぜひとも気をつけておきたいところです。服装や囲気をチェックすることで、ある程度相手の印象を決められていきます。


  • 歯のキレイさ

相手の声からの情報も大きな影響を与えるというところでは、相手が話をする時に相手の口元に目がいきます。相手の声に集中すると自然と口元に目がいきます。

相手が話をした時に目につくのが歯です。歯の白さやキレイさを目で相手が話をした時に目につくのが歯です。歯の白さやキレイさを目でチェックされます。自己紹介をする時に、相手の口元に目がいってしまうので、歯のキレイさも判断材料の1つかもしれません。そして第一印象の基準は「容姿」ということではありません。

もちろん、容姿、顔が良ければ印象は良くなる確率は上がります。でも仮に顔が良かったとしても服装がカッコ悪い、表情が暗い、態度が悪いと第一印象は悪くなりますね。逆に、容姿、顔に自信がなくても服装がカッコ良い、表情が明るい、態度が良いと第一印象は良く見えます。

自分が判断するのではなく、「相手」が判断するということ、それを忘れないように婚活に頑張って頂ければと思います。


MENU