府内
名称未設定 1のコピー

オーディション写真は夢への第一歩☆☆

俳優・モデル・歌手・声優・パフォーマーなどなど、

人を楽しませる職業の方は華やかで夢があり

人気の職業ですよね。

いざ、オーディションを受けようと思った時に、

履歴書と一緒に送る「オーディション写真」に悩むと思いますが

そのの仕事への最初のアプローチには

自己紹介の宣材写真が必要不可欠なのです。


今時は、スマホで簡単に写真撮影ができてしまうので、

自撮りをしてアプリで加工した写真や、

プリクラなどで、簡単に応募してみようって方も

実際に多いかもしれません。

自分が楽しむ写真や、気楽な感じであれば、

よりキレイでスタイルも良く、理想の姿に近づけた写真で

応募してみるのも良いかもしれませんが、修正しすぎた写真は

基本的にどれも同じように見えてしまうので、

審査員の目を引く写真とはいえません。


本気で目指している方であれば、完璧に作り込んだ姿よりも、

少しぐらい欠点があっても、自分自身の魅力を素直に伝える方が、

逆に印象に残ります。

個性が見えたり、オーデションに対する意気込みや努力が

見られる事の方が重要なのです。


オーデション写真には、

全身写真とバストアップ(上半身)の写真が必要です。


全身写真とは

全身のバランス(何頭身か)が分かり、

脚の長さや腰の高さなどが明確に分かるように撮影した写真です。

すっきりした背景で、背筋は伸ばし姿勢良くポーズを撮ります。

バストアップ(上半身写真)とは

顔の表情や髪の長さなどが分かるように、胸から上を撮影した写真です。

表情は笑顔が基本ですが、不自然にならないよう気を付けましょう。

笑顔が苦手な方は、口角を上げて微笑む感じでも良いです。

目力も大事ですが、睨む様な表情にならないようにしましょう。

メークは女性はナチユラルメークが原則です。

(男性も肌をきれいに見せる程度のメークをする場合もあります。)





スタジオで撮影するメリット


①自分では判断しにくい、服装やメークの相談・ポーズのとり方(ポージング)や表情のアドバイスがしてもらえます。

顔の角度や、ちょっとした表情の違いでも見え方は変わってきます。


②オーデションに適した背景や照明が揃っているので、

撮影に集中することができる。


③カメラマンを前に撮影することでモチベーションが上り、

普段とは違う魅力を引き出してもらえる。


④人に見られる事を意識出来るので、オーデションの予行練習になる。


⑤沢山撮影した中から、応募する写真を一緒に選んでもらえる。


大事なのは他のひとに見てもらうことです!

自分が良いと思う写真より、他人の意見を聞いてから写真を選ぶと、

自己満足な写真のセレクトにならずに、

違った視点で写真が選べます。

選考する審査員も他人なので、第三者の意見は貴重です。



オーデション写真は、大事な夢の第一歩となる写真です。

書類審査では、写真によってあなたの印象が

大きく左右されるため魅力を最大限に出し、

会いたいと思ってもらえる写真を用意しましょう☆



MENU