プロカメラマンが教える「証明写真写りを良くする3つのコツ」

ブログアイキャッチ_9月

証明写真ってどうしても写りが悪いイメージありますよね?
不自然な感じになってしまったり、姿勢が悪かったり…と。
証明写真の自分を見るのが嫌い!でも、誰に聞けばいいの…?

そこで、証明写真の撮影を得意としているスタジオのカメラマンが意識する3つのポイントを紹介していきます!



①姿勢

・アゴを引く
・両肩の高さをそろえる
・顔の中心ライン(目と目の間~鼻筋~顎)と体の中心(襟/ネクタイを目安に)を揃える

たとえ小さい証明写真でも、姿勢は印象を大きく変えます。
猫背の写真は自信がなさそうに見えたり、目はしっかり開いていないと眠たそうに見えますし、顎が浮いていると見下しているような印象を与えてしまいます。
そのため、できる限り意識してキレイな姿勢で証明写真を撮りましょう!

姿勢を正すときは、足元から順(座った時は腰から)に正していくと◎
例えば…

①椅子には浅めに腰掛け、骨盤を立てるイメージで座る
②頭が上から1本の糸で吊られているイメージで、背筋を伸ばす

この2点を意識して頂きます。スタジオ728ではこの後、カメラマンが左右のバランスをみて
体の中心や、両肩の高さが平行に見えるようにアドバイスさせていただきます。



②髪型

・前髪が目にかからないように(※重要)
・清潔感のある髪型で

髪型で特に重要なのは、目に前髪がかからないようにすることです。
証明写真の最大の目的は「その人物を判断し、他人のなりすましを見分けること」です。
目をつぶっている写真がNGなように、前髪で目が隠れてしまっている写真も証明写真としてNGとなります。

また、就活・転職で利用する履歴書用の写真では、第一印象が大切となりますので清潔感のある髪型を意識するとより良い証明写真になります。

寝起きでそのままや、手櫛でさっと直しただけではなく
最低限、髪を櫛で梳いて整えましょう。

また、男性女性問わず「ヘアセットやメイクに慣れていないorしたことがない」という方や
「希望する業種に合う雰囲気でヘアセット/メイクしたいけど、どうすればいいかわからない」という方
そして、夜会巻き等やりたいヘアセットはあるけど「自分でやるには難しい…」という方
スタジオ728ではヘアメイクをオプションで付ける事ができます!
※ヘアメイクは事前ご予約必須


③襟回り

・男性:ネクタイの結び目がまっすぐになるように
・女性:首と襟の隙間が左右均一になるように


襟周りが乱れていると、想像以上に目立ってしまいます。
就活用の証明写真では、身だしなみへの気配りができているかどうか?という判断にもなりかねないので、姿勢や髪形等と同じくらい注意しましょう。

買ったばかりだったり、数回しか着ていないシャツ・ブラウスであれば
型崩れしていない可能性が高いので比較的キレイに着やすいと思いますが…
シャツのお手入れを怠っていると襟がくたびれたり、全体にシワが出来たりします。
そうなると清潔感もありませんし、だらしなく見えてしまい結局マイナスの印象を与えてしまいます。

そうなる前に!日頃から正しいお手入れを心掛けましょう。
ワイシャツやブラウスのお手入れに特化したブログがこちらです。


また、ビザ・パスポート等の証明写真は、カラコンや眼鏡、アクセサリー類も装用不可となっているケースが多いので、事前に規定を確認することをオススメします!


まとめ

いかがでしたか?

証明写真は大事な第一印象になるので、
「オシャレな写真」ではなく「きっちりした写真」となるように意識しましょう。

それでは、まとめです。

  • 顔の中心と体の中心を揃える
  • 両肩の高さを揃える
  • 清潔感のある髪型に整え、前髪は目にかからないようにする
  • ネクタイの結び目は真っすぐになるように
  • 首と襟の隙間は左右均一
  • オシャレ写真NG きっちりした写真を!

「機械で撮影するスピード証明写真では、自分の姿がどうなっているかわからず不安…」という方は、カメラマンが撮影するスタジオでの証明写真もおすすめです。

スタジオ728では、撮影前にお着換え・お化粧直し等にご利用いただけるドレッサールームを完備しておりますので
当日ご予約でもご安心下さいませ。
※スーツ・シャツ・ブラウス等の貸し出しは行っておりません。

ご予約は下記のバナーもしくはお電話からお待ちしております!