証明写真の背景色のご紹介~無背景って何色?~

名称未設定 1のコピー

こんにちは、皆さん証明写真の背景について考えた事がありますか?

背景色でも様々な色があります、当店も色々な背景色を揃えています!

今回は証明写真の背景についてお話します。


「無地」「無背景」とは?

証明写真の規定に「無地」「無背景」とありますが「無地」「無背景」の意味をご存知でしょうか?

そもそもなぜこのような表記があるかと言いますと、

一般的な証明写真は本人以外のものが写っている写真は使えないのです。背景に他の人や影がわずかでも写っていてもNGです。

(※証明写真の背景とは、人物以外の余白の箇所です。)

そして無地とは、全体が一色で柄・模様のないことを指します。無背景も、そのまま背景がないという意味です。

一言で申し上げると、

写真に人物以外に物や人の影が写りこんでいなければ何色でもOKという認識で大丈夫です。

つまり「無地」「無背景」は、グラデーション状に色がついても、白以外のブルー、ピンク、イエロー、何でも使ってヨシ!


ただし、いくら何色でもいいとしても時と場合があります。

就活で真っ赤や真っ黒な背景の写真を使う人はまずいません・・・

また、「無地無色」と指定があれば、白色の背景で撮影しましょう。


では、実際にはどの色がどういう時におすすめなのか?

特に公的なものや就活で使う写真はとても迷うかと思います。


背景色には、どんな色があるの?

そこで、最もポピュラーで実用的なおすすめカラーを、当スタジオの背景色の紹介しながら説明いたします!


    ホワイト(白色)


一番スタンダードかつシンプルな仕上がりになります。

汎用性が高いため、就活、転職、その他社員証用などにおいて当店で最も多く撮らせていただいております。

とりあえず迷ったら白!


          グレー


ニュートラルなグレーでホワイトより落ち着いた雰囲気になります。

名刺の顔写真用など、幅広いビジネスに向いてます。

また、当スタジオではお召し物が白色の場合背景の色と被ってしまうため、体の輪郭をはっきり出すためにあえてグレーで撮影させていただくこともあります。


          ブルー

ホワイトの次に就活・転職用に多いです。また、ホワイトに比べてぱっと目に入りやすいため、他の方と差をつけたい!という方におすすめです。


         レッド(赤色)

主に海外ビザ用写真で使われます。

国内の一般的な証明写真に使うとかなり強烈な個性が出ます。一般企業へ提出する写真では他の色にしましょう。

※名古屋栄店では背景紙の代わりに布を吊るして撮影いたします。


関連記事

 中国「結婚証」証明写真について

          ピンク

とても華やかでガーリーな仕上がりになります。就活においては温和な雰囲気や、女性らしさをアピールしたい方におすすめです。

運転免許証やパスポートでも使えるため、少しでも可愛くしたい!という方におすすめです。


          ブラック

他のどの色より最もシックで高級感が出ます。

金髪、白髪の方だとすごく映えます。

しかし、パスポートなどには使用不可能のためご注意ください。

以上、名古屋栄店には、全部で6色の背景紙がございます。その他の背景をご希望の方は事前にお問い合わせください。

関連記事

 就活生必見!就活証明写真の背景の色って何色がいいの?

 証明写真の背景って何色が正解?


まとめ

また、証明写真の種類によっては、指定の色で撮影したお写真でないと使えないこともあります。規定をよく読んでから撮影に臨みましょう。

とくにパスポート、ビザはそれぞれの国ごとに規定があるのでそれに沿った写真を用意する必要があります。

ご予約もしくは撮影の際に、どこの国のパスポート・ビザ用かをおしゃっていただけるとすぐに対応できますので、ご自身で写真を用意するのが難しい場合はぜひ当スタジオをご利用ください!

関連記事

 国によって違うビザ写真のサイズもおまかせください!

その他、わからないこと等ございましたらこちら052-262-5557にご連絡下さい。

WEBでのご予約はこちらから★

スタッフ一同ご来店お待ちしてます!