【オンライン就活】転職だけど、オンライン面接ってするの?

hedgehogIMGL8707_TP_V-R


コロナウイルスのおかげか否か。超便利機能オンライン就活が主流となりつつありますが…
新卒での就活だけでなく、転職を考えている方も

これからの時代は「オンライン就活」の知識は持っておいた方が断然有利でしょう。


オンライン就活って?


パソコンやスマホといったインターネットに接続できるものを使い
WEB上で面接・説明会を行うことです。

いってしまえば「テレビ電話(ビデオ通話?死語かもしれません…)」ですね。
そして、面接を行う場所や説明会のために外出をする必要がありません。

ということは…?


メリット


WEB上でほぼすべてが完結するので
移動費用や時間が大幅に削減できます。
就活はもちろん、仕事をしながら転職を考えている方にも
大きなメリットになります。
企業が指定する配信サービスにアクセスするだけ。とってもカンタン!
スマホやパソコンなど、インターネットに繋げることが出来れば
自宅でもカフェでも、どこからでも参加できます

※面接の時や、セミナーに自分の声が入る場合は
自宅から参加しましょう!
外の騒音は意外と相手に聴こえます。


他に、物理的な距離や交通機関を使った場合の時間、費用などが「問題」でなくなった今。
遠い場所にある会社でも、オンラインならば候補としてあげることができますね。
間口が広がるので、会社とのミスマッチを避けやすくなるでしょう。


デメリット


良いことばかりではないのが現実です…
対面での面接に比べて、使用する機械のスペックに依存するため
画質や音質にも限界がありますよね。

相手に声が届きづらかったり、逆に相手の声が聞き取りづらかったり…
内蔵のマイクやスピーカーを使うと、声がハウリングしやすく
相手に不快感を与えかねません。
 

対策としては、音量を下げると良いのですが
それで相手の声が聞こえなくなると元も子もないので
マイク付きのイヤホンやヘッドセットを使うと良いでしょう。


他にも、部屋が暗かったり電気をつけていても
真上からの光だと顔に影が落ちてしまい
暗く見えてしまいます。

ライトを正面もしくは横から当てるか、
窓からの自然光を横から入れると
顔が明るく写ります。


また、音声にも多少のタイムラグがあります。
会話の間合いが取りづらく、対面のときと同じ感覚で会話をすると
どちらか一方だけが話していた、なんてこともあり得ます。

さらに音声が飛ぶ事も考えられます。
聞き返すのは良くないと思い、そのまま答えると的外れな回答をしてしまう事も。

そんな時は音声トラブルの旨を伝え、もう一度言ってもらうようにしましょう。


番外編


WEBセミナー


リアルタイム配信型録画配信があります。
言わば「生放送」か「事前に収録し、編集した動画」か、ですね。

リアルタイム配信では、配信者と受講者がリアルタイムに反応が見れたり
質疑応答を行うことができます。
配信サービスによっては、生配信後に
動画として残るものもあるので、見直すこともできます。

録画型配信では、事前に編集したものを配信しているので
画面上に字幕や効果音を入れたり、スライドなどを入れて
画面に変化をつけることができます。
また受講者の都合の良い時間に視聴できることや、繰り返したり巻き戻したりもできます。

ただ、配信者から受講者に向けて一方通行であるため
お互いの反応が見られたり、質疑応答がテンポよく解消されなくなってまいます。

一長一短ですので、メリット・デメリットを理解して臨むと良いでしょう!