WEB面接!演出ができる学生は面接への意気込みをアピールできる!

スタジオ728

皆さまこんにちは!!

カメラのナニワ神戸元町店の山﨑です。

6月に入り30度を超える気温、そしてマスク・・・暑い




新型コロナ感染症の影響により就職活動でも「リモート」な場面が多くなっていますが、

各企業が注目している「WEB面接

就活生の皆さんはどんな準備をしているのでしょうか?

 

今回はWEB面接に必要な準備や演出についてまとめてみました。

 

直接会って話すメリットって?

例えば「目は口ほどにものを言う」という言葉もあるように、目線や表情の微妙な変化、非言語コミュニケーション(ジェスチャーなど)によって立ち居振る舞いもしっかりとアピールできます。

またWEBは画面というフィルターを通すため、面接官のリアルな反応や細かい表情の変化が掴みにくいことがあります。

対面であれば相手の反応によって即座に話題の転換なども可能ですよね。

その時々のタイムリーな表現行動も選考の判断材料になり得るそうですよ。

 

やはり対面で直接会う事でしっかり伝わることって多いんです。

 

WEBで伝わること/伝わってしまうことって?

リモートで面接をするとなると、考えられる会場は「自宅」

リラックスできる場所を利用すれば、適度な緊張感をもって面接に臨むことができます。

つまり、初めてのオフィスに緊張して頭の中が真っ白・・・・・・なんてことは少なくなるはず。

 

その反面、リラックスしすぎて姿勢や身だしなみに油断してしまう事も・・・?

Web面接に使うカメラ(PC内蔵カメラ、スマートフォン)は、広角レンズを利用しているため周囲の状況がよ~~~くわかります。

大丈夫だろうと思っていても意外と背景となるお部屋、見えてるようです。

写らないと思ってシャツがズボンから出てたりしてませんか?見えてますよ~~~!

身だしなみを整える事は基本中の基本!!

 

緊張度合いは多少伝わりにくいことからあまりにも緊張しすぎて動きがカクカクしちゃっても気づかれないかもしれません。

これはWEB面接だからこそのメリットですね。

 

 

では具体的にどんな準備が必要か・・・

撮影環境、背景、姿勢、(演出)

ネット回線の確認

面接で使うパソコンやインターネットなどに何らかの不具合が起こった場合は、面接を中断しなくてはなりません。

特に、回線自体に問題があると、後日面接をし直すということもあるので、当日利用する回線の速度や容量に制限がないか確認しておきましょう。

 

会場

場所を問わず実施できる点がオンライン面接の利点ですが、対面での面接と同じようにお互いに集中して対話できる環境が必要です。

どのマイクも思いのほか感度が高く、小さな音や話し声も拾います。

貸会議室などの静かな場所を利用できると良いのですが、個人ではなかなか難しいかもしれませんね。ひとり暮らしの自宅であれば背景さえ整っていれば大丈夫でしょう。

家族と同居されている場合は、ご家族にもしっかり説明して(家事の時間をずらしてもらったり、その時間ちょっとお散歩に出てもらったり)協力していただきましょう。

 

背景

もしかしたら一番頭を抱えるのが背景かもしれませんね。

対面で行う面接会場(会議室など)のような壁・・・

なんて家に備わってないと思いませんか?ちょっとご自宅のチェックをしてみてください。

このような背景なら何とかなるかもしれませんよ

[リビング、食卓/窓]









 














他にご自身のお部屋でも生活感の出る物が写らなければ大丈夫です。

 

いかがでしょうか。もし無ければ、作っちゃいましょう!!

白いシーツなどがあれば壁に貼り付けたり、突っ張り棒に引っ掛けたりで対応できます。

最近では某大手通信販売で「撮影用 背景 白()」等で検索すると1500円程で本格的なスタジオの背景が用意できるみたいですよ。

 

目線、声量で印象を変える

上にも記述した通り、WEB面接では相手の細かい反応が分かりにくいという特徴があります。

それは受ける側(応募者)だけでなく面接官の方々も同じです。

つまり、WEBを通しているときはいつもより声量を大きくしたり、少し大きめの身振り手振りで表現して前のめりな反応を見せることが必要ということですね。

 

さらに、カメラの設置する位置などを工夫して、画面と同じ目線で受けることで、表情も分かりやすく写すことができます。

一度当日使うカメラ(PCやスマートフォン)を使って自己アピールの動画などを撮ってみましょう!

面接官にどう伝わるのかが分かるはずです。

そして自分らしさをアピールできる目線や姿勢、声量を見つけてみてください。

 

どんな時も笑顔の練習

対面、WEB上関係なくやはり第一印象を決めるのは表情

証明写真のご撮影でも同じことお伝えしていますが、カメラを通すとご自身が思っている以上に表情は控えめに写ります。

結構口角をぐっと上げないと「にこやか」にはならないんですね・・・

 

普段から頬の筋肉を意識して口角を上げるようにしてみてください。

話をしている時、話を聞いている時も笑顔でいられる応募者はきっと面接官の心に残ることでしょう。

 

 

 

面接をWEBですることに緊張されている皆さん。

しっかりと準備して落ち着いて挑めばきっと大丈夫です!

どんどんアピールしていきましょう!!