天神
スタジオ728

その真面目さで損をする!証明写真・好感度UPの秘密テクニック!

今年も、もう11月!そろそろ就活シーズンが始まります。

・・・・・・・・・・・ということで、今回は証明写真のお話です。

みなさん、証明写真って“真面目な顔で写るもの”と思っていませんか?

たしかに「真面目に」写ることは大切!

でも「真面目な顔」=「怒った顔」⇒「本当の自分の顔じゃない!」

と思ったことありませんか?

そこで今回は証明写真の「好感度がUPするテクニック」の特集です。

 

テクニック①【姿勢】 

~カメラマンは写真に写らない≪足≫を見ています!

スタジオの椅子に座ったら、背筋を伸ばすことは皆さん知ってますよね。

でも、本当に大切なのは、写真に写らない≪足≫!

ヒザの角度は90度、カカトをしっかり床に着ける。

 浅めに座るのがポイント!

両足とお尻の3点でバランス良く座ることで、背筋が自然にきれいに伸び、

 左右の肩の高さのズレも少なくなります。


テクニック②【目】 

~カメラマンは目の上の≪眉(まゆ)≫を見ています!

目で訴えるという言葉があるように、目はやる気を伝える1番のポイント!

目をしっかり開くと明るい印象になり、好感度もUP!

意識して、ほんの少しグッと開く!

ココからがポイント!

目をほんの少し開くと、≪眉≫も上に上がり、ほんの少し左右に広がります。

この≪眉≫が左右に広がることが「好印象」なんです!

 「真面目な目」⇒「眉が中央に寄る」⇒「怒っている」

「目を開く」⇒「眉が左右に開く」⇒「明るい好印象」

 これが【怒った顔】と【明るい表情】の最大の違い!


テクニック③【口】 

~カメラマンは口の上の≪頬(ほほ)≫を見ています!

 証明写真は口元を上げて写った方が良いと言われています。

 でも、「口元を上げる」=「ぎこちない笑顔」=「自分じゃない!」と思ったことないですか?

 実は、口元だけ上げてもダメ!

 ポイントは、顔の表情筋を上げ≪頬≫を上げること!

 「頬を上げる」⇒「口元が自然に上がる」⇒「自然な明るい表情」

 これが自然な笑顔の秘密のテクニック!


みなさん!この3つのテクニックで、「自分らしい」「明るい」「自然な表情」

をポイントに、証明写真を写りましょう!












MENU