筑紫野
女性メモ

就活で志望動機が書けない?

就活で志望動機を書くことができないという人は、少なくないものです。



入りたい世界があってその仕事がしたいという人であれば、その思いをそのまま書けばいいのでそれほど難しいものではありませんが、特に志望動機がない人は、問題です。



実際、大半の人はその仕事がしたいから選んだというよりは、消去法で選んだというケースが多いため志望動機が書けないということになってしまいがちです。




誰もがやりたい仕事があるとは限りませんし、生活のために仕方なく仕事を探しているという人は多いものですから、志望動機を書けと言われても簡単なものではありません。



まさか、競争が緩そうだったからあるいは他にできそうな仕事がなかったからと書くわけにも行きませんから、一体どのようなことを書いて良いのか悩んでしまいがちです。



あまりにも心にないことを書いてしまうと、面接などで突っ込まれた時に返答に窮してしまうことになるだけに難しいものです。




そのような人は、他の人がどのように志望動機を書いたか、面接の時にどのような受け答えをしたのかということを参考にして書いてみると良いでしょう。



心にもないことを書くのは気がひけると思うかもしれませんが、就活というのはそのようなものだと考えて受けの良い動機を書く、あるいは面接の時に困らない動機を書いておくのが一番です。




面接を受けるときには本心ではなかったとしてもあとになって志望動機の通りの志を持つことになれば、結果的に嘘を言っているというわけではなくなりますから、将来そのようになりたいという気持ちで書いてみるというのも良いでしょう。



採用する側からしても全ての求職者が本心を書いているとは思っていませんから、多少は本心と外れるようなことを書いても問題はありません。



そのため、志望動機が書けないという人はいっそのこと開き直って採用に繋がりそうな内容を書いてしまうというのもひとつの手ですから、採用してもらうためのアピールと割り切ってみるのも良いでしょう。

MENU