これだけで印象が変わる!プロフィール写真・お見合い写真を撮るとき女性にオススメのポーズ

BI8C0028R


突然ですが、グラビアの写真って、結構無理なポーズをしてるのをご存知ですか?
元々スタイルのいいモデルさんたちでさえ、より美しいボディラインに見えるような工夫をされています。

なので、素人の私たちがただカメラの前に立つだけで奇跡の1枚が撮れるなんてことはない!のです。

かと言って、めちゃくちゃ苦痛を強いられるポーズをしないと…
なんてことはありません!
ほんの少しの工夫で写真の印象はガラッと変わります!
実際の写真をご覧いただきながら、いくつかポージングをご紹介していきましょう。



まずは基本の足下ポージングから

全身写真の場合、身体を支える足下のポーズが、全体のポーズを決めます。

カメラに対して、身体を斜めに向けて立ちます。
この時、カメラに近い方の足の爪先をしっかりカメラに向けましょう。
両足の踵は、ぴたっと揃えるよりも若干ずらします。
踵と土踏まずが重なるイメージですね。
左右の足首が重なって見えると、脚が細く見えます。

これがフォーマルな基本の足下ポージングです。



足下のポーズをアレンジ

ここから、一歩踏み出すようなイメージで、前方の足に体重をかけて後方の膝を緩めます。
そうすると少し動きのあるポージングになります。


そのまま、足を交差させると、更にカジュアルなイメージが作れます。
スカート丈によって見え方が変わります。
撮影の時に使うスカートを実際に履いて、全身鏡で足の組み方をチェックしてみてください。

スタジオ728梅田店で撮影の場合はもちろん、スカート丈と脚のバランスを見て、一番キレイに見える角度を細かくご指示いたします!



手~腕のポージング

おへその前で重ねるのが基本のポーズですね。
一番フォーマルで落ち着いた印象に見えます。

肘とウエストの間に三角形の隙間をつくるとキレイです。



両手を背中側に回すとカジュアルな印象になります。
重ねる位置が高く肘が張り出しすぎると、子どもっぽく見えるのでご注意。




手のポーズをアレンジ

手を使えば様々な表現ができます。
動きが出るのでカジュアルで親しみのあるイメージを持たれやすいです。
顔の角度も動かしてみてくださいね。




重心のかけ方

壁や椅子を利用してそれに寄りかかるようにすると、いい感じに力の抜けたかわいらしい雰囲気を演出できます。



スタジオ728梅田店のカメラマンは、豊富な撮影実績から得たポージングのアイデアがたくさんあります。
お客様おひとりおひとりのチャームポイントを引き出し、コンプレックスをカバーしながら、ご満足いただけるプロフィール写真・婚活お見合い写真をご用意いたします!