心斎橋
PAK86_yabainomicyatta20131223_TP_V_

就活メール、それで大丈夫…!?


みなさんこんにちわー!

カメラのナニワ スタジオ728心斎橋店 スタッフIです☆



今まさに就活中の皆様!

就活が始まると必ずといっていいほど

企業の人事担当の方や

社会人の先輩方とのメールのやりとりが増えてくると思います。

今や友達同士では、

notメール、ラインが主流だぜっ

の時代だと思います。

殆どの方々は、

「対、企業メールとか初めて書くんだけど…!?」

といった感じだと思います!きっと!



ということで、今回は、

これなら嫌われない!就活メール編!

です!



*気を付けよう! 就活メールマナー

・メールアドレス、大丈夫…?

まずは根本的に、アドレスは大丈夫でしょうか?

明らかに自分の趣味丸わかりのようなアドレスは控えた方が無難です。

Gmail等で、就活用のシンプルなメールアドレスを取得した方が

他のメールとの区別もできますので良いと思います!


・件名はコンパクトに!

社会人ともなると、会社のメールボックスは

受信メールでいっぱいです。(多分←)

おそらく自分の中の優先順位が高い順から

メールを開いていくでしょう。

その基準は、まず最初に目に入ってくる

「メールタイトル(件名)」「差出名」です。

後回しになってしまったり、目を通して貰えない!

なんて状況にならない為にも工夫した書き方をしましょう☆

ただし、いくらコンパクトに!

といっても、「こんにちは」などといった

中身がわからない件名は×です。

(挨拶は大事ですが!わかりますが!!)

メール本文の内容を簡潔に一言でまとめて

所属校と氏名を入れておきましょう!



*メールの中身

メール本文の基本は

『宛名・挨拶・本文・結び・署名』

という定型です。


1.宛名

株式会社〇〇

人事部 〇〇様

というように、どこの誰宛てのメールなのかを必ず明記しましょう。

!注意点!

会社名の「株式会社」は、㈱と略さずに正式名称を書きましょう!

また、

「あ、担当者の方の名前聞くの忘れてたああああ」

なんて時には、「ご担当者様」等にしておきましょう。


2.挨拶

初めてのメールの場合は

「初めまして、突然のメール失礼いたします。」

等ではじめ、二度目以降なら

「お世話になっております。」

で始めるのがいいでしょう。

挨拶の後は、自分の所属校・名前を名乗りましょう!

何かの機会で会ったりした事がある相手の場合は

一言二言程度の、前回のお礼をつけておくと

印象がいいかもしれません!

「あ、あの時の子だな」

と思いだしてもらえるきっかけになるかもしれません。


3.本文

・半角カタカナや記号、顔文字は

使わないようにしましょう。

①やⅠなどの環境依存文字といわれる文字は

送る側ではちゃんと見れても

送信先では文字化けで読めなくなってしまう可能性があるので

使わないようにしましょう。

顔文字や、♪や☆などの記号ももちろんやめましょう

友達同士のメールではないので不要です!

・改行は適度に入れましょう

長々と長文にせず、読みやすい長さで切るようにしましょう!


4.結び

本文の最後には、

「今後ともよろしくお願いいたします。」

「お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。」

などをつけましょう。


5.署名

本文が終わって、メールの一番最後には

一目で誰からのメールなのかわかるように署名を加えましょう。

名前・所属校・連絡先の電話番号・メールアドレス

は基本的には入れておきましょう。



*他、メールマナー

・24時間以内に!

メールは24時間以内には返信をしましょう!

返事を返してもらっているのに放置はもっての他です。

気付かなかった、は言い訳にはなりません!



メールのマナーは、社会人になっても役に立つものだと思います。

社会に出たときに一から学ばなくてもいいように

今の内に基礎を身につけておきましょう☆


ただしこんな自信家さんにはならないようにしましょう←




MENU