就活証明写真のデータをアップロードする時の注意点5つ

就活証明写真のデータをアップロードをするには?注意するポイント5点を解説

就活ではエントリーシートと合わせて
就活証明写真もアップロードを行う事が多いです。


『とりあえず就活証明写真は撮影をしたし、早く写真をアップロードしよう!』
と考えている方は、すこしお待ちください。


その就活証明写真データの規格あっていますか?


今回は就活生のお客様から、就活証明写真のアップロードでよく質問を受ける5点を
解説していきます!

就活証明写真のデータをアップロードする時に注意するポイント5点

就活証明写真のデータをアップロードする時に注意するポイント5点


就活証明写真のデータをアップロードする前に下記5点をご確認ください。


・比率があっているか?
・pixel(ピクセル)数があっているか?
・写真の容量があっているか?
・ブラウザは推奨されている物か?
・データ形式はあっているか?
・ファイル名があっているか?


・比率があっているか?

就活証明写真‗比率があっているか?

この場合の比率とは、写真の縦横比の事をさします。

就活証明写真は、企業側から「縦長4:3」比率の指定がかかる事が一般的です。

そのためアップロードする前に、就活証明写真の比率を確認しておきましょう。


・pixel(ピクセル)数があっているか?

就活証明写真ピクセルとは

そもそもpixel(ピクセル)とは?
パソコンやWEBで画像を扱う時の色情報の単位になります。


WEBにはセンチメートルという概念はないため
画像はピクセル(pixel)と言う単位で数えます。


就活証明写真をアップロードする際、規定の欄に『サイズ〇〇×〇〇 pixel』
とpixelの指定がかかっている場合があるので、必ずピクセル数があっているのか確認してからアップロードしてみてください。


ちなみに就活写真のWEBエントリーサイズのピクセル(pixel)は
「縦長4:3」比率である 「600×450 pixel」 or 「560×420 pixel」が一般的です。


業界によって、全然違うpixel数だったりする事もあるので
必ず確認してみてくださいね♪


・写真の容量があっているか?

これは応募される企業によって規定が全然変わってきます。

大体1MB~3MB以下の指定が多いです。

ちなみに下記画像だと『サイズ』と書いている項目が写真の容量になります!

Windowsのパソコンですとこのような形で、容量をご確認ください。

Windows:写真を右クリック→プロパティ→サイズ

就活証明写真WEBデータサイズ

Macのパソコンですとこのような形で、容量の確認はできます。

Mac:写真を右クリック→情報を見る→大きさ



しかし中には、3MB以上といった指定も
まれにあるので、こちらもしっかり確認する事が大切になってきます。


・ブラウザは推奨されている物か?

就活証明写真ブラウザ

お客様から応募規定を見せていただいた際に、質問いただくのが
ブラウザの事です。

ブラウザとは、WEBページを見るために使うソフトです!


例えば、Apple製品だとsafari、WindowsだったらInternet explorer
Googleが出しているchrome など・・・


日常でもよくつかっていますよね。


就活証明写真の応募規定には、推奨ブラウザの記載がある会社もあります。


WEBを使っていて、このブラウザだとエラーが出るのに
違うブラウザを使うとエラーが出ないケースなどもあります。


そのため就活証明写真をアップロードするには
どのWEBブラウザが推奨されているのか確認してからアップしたいですね。


・データ形式はあっているか?

就活証明写真データ形式は?

データ形式も指定がかかっている事が多いです。

形式は、jpg・JPEG・PNG・GIF・PDFなど
こちらも応募する企業によって変わります。

自分で就活証明写真を用意する場合は、必ずデータ形式を確認してください。


・ファイル名があっているか?

ファイル名と言うのは、画像の名前の事をさします。

例えば、日本語NGだったり、記号の記載がNGだったり
様々になってきます。


こちらも、規定に合わす事が無難です。

就活証明写真ファイル名

一度、ファイル名にて記号の.(ドット)がNGと書かれているので
ファイル名に記載をしないでくださいとのお客様希望がありました。


拡張子の前は、必ず.(ドット)が入ります。
.(ドット)を外すと拡張子が外れるため画像が見れません。


私の方で、再度規定を確認した所
拡張子前の.(ドット)はOKとの記載もされていたので
規定に伴い、就活証明写真を再作成させていただきました。


ファイル名も規定に合わせて作っていきたいですね。


就活証明写真のデータ規定がよくわからない場合 データの作成はスタジオ728へ

就活証明写真はスタジオ728

ここまでをまとめると企業の応募要項をよく読んで
就活証明写真のデータをアップロードしましょう!と細かく書いてきました。


しかし、応募要項よく読んでもわからない時がありますよね。
そんな時こそ、ぜひスタジオ728へご相談ください。


スタジオ728は就活証明写真のWEBエントリーデータを
年間5000組以上作成をしています。


そのためわからない場合は、応募要項をカメラマンに見せていただきましたら
規定に合わせて、就活証明写真のデータを作成致します!


「これで大丈夫かな?」と自信がないままデータをアップロードするは
精神衛生上よくありません。


安心して就活証明写真のデータをアップロードするために・・・
WEB応募の就活が多いからこそ、スタジオ728にて規定にしっかり合わせた就活証明写真を撮りませんか?