就活証明写真のダメな例とは?

971507_1

皆様、こんにちは!

桜の開花宣言が駆け足でやってきた、3月。

近所の小学校の桜もきれいに咲いていて、通勤時の楽しみとなっています🌸🌸🌸

就活シーズンも落ち着いてきましたが、

今から就活を始める方!こんなお悩みありませんか?


”就活写真って、どこに気を付ければ良いの?”

”普段の自分のままじゃダメ?”

”どうすれば印象が良くなるの?”

”好印象のポイントって?”


・・・・考えれば、考えるほどわからなくなって

何が正解なのか困っているそこの貴方!!!🤷🤷‍♂️

もう、ご安心!!!

今回は「就活証明のダメな例」のお話をさせていただきます。



履歴書の中で一番先に目に入るところなのに、意外に気を使っていない人が多いのが写真

どんなに良い内容を書いた履歴書でも、

写真が良くないと履歴書の印象まで悪くなってしまいます。

就活写真のポイントを押さえて、履歴書の印象を更にアップさせましょう!


◆就活写真 ダメな例!◆

1.前髪で目や眉毛が隠れているはダメ!🙅‍♂️

写真でイチバン大切なのが「目👀」

前髪で、目が隠れているのはNG!

くら~いネガティブな印象となり、清潔感も減少します。

また、眉毛もできるだけ出すことで、顔がすっきり見え、

前向きでハツラツとした印象を与えることができます!👏

両目、両眉をしっかり出して、元気で、明るく、積極的な印象にしよう!


2.髪の毛で服や襟が隠れているのはダメ!🙅‍♀️

髪が肩にかかっていたり、首にかかるのはNG!

清潔感がない・身だしなみを整えない人という印象を与えてしまいます。

ミディアム~ロングヘアの方は、髪の毛を結び、耳はできるだけ出しましょう!

「耳を出すと、顔が大きく見えるからちょっと嫌だな~🤔

そうはいっても、面接は短時間の印象勝負です。第一印象が運を左右します。

顔の印象がしっかり見えるということは、自分をアピールする上で重要なことなのです!!!


3.無造作ヘアはダメ!🙅‍♂️

無造作ヘアは、ボサボサ髪や寝ぐせの様に見えるので、

就活写真としては避けた方が無難!

逆に、ガチガチに固めたり、ツンツン立たせたりするのもNG!

しっかり櫛を通したナチュラルヘアで清潔感を演出しよう!


4.口が「へ」の字はダメ!🙅‍♀️

無表情の真顔で撮ると、口は「へ」の字になるのでNG!

気むずかしく、不機嫌そうな印象になります🙁

口角を上げ少し微笑んだ、明るい表情で印象アップ!🙂


5.上目づかいや見下ろした目はダメ!🙅‍♂️

女性で多いのが、あごを引きすぎて上目づかいの目。コレはNG!

男性に多いのが、あごを上げて人を見下げた目。コレもNG!

少しあごを引いて、まっすぐ前を見て、瞳が目の中央にくる位置がベストポジションです。

6.姿勢が悪いのは絶対ダメ!🙅‍♀️

どんなに表情が良く、髪型がバッチリでも、姿勢が悪いとすべて台無し!

暗い印象になります。

背筋を伸ばし胸を張って、両肩は同じ高さ、顔が傾かない様にまっすぐに!

姿勢が良い写真は積極的で明るく印象に感じます!


7.ネクタイはしっかり締めないとダメ!🙅‍♂️

ネクタイが曲がっていたり、シャツと結び目の間に隙間があるのはNG!

だらしなく見えないように、きっちり上まで締め、中心に揃えましょう!


8.女性のブラウスの襟、左右の幅や角度が均等になっていないとダメ!🙅‍♀️

第1ボタンがないスッキッパーカラーは、ジャケットの外に出した左右の襟の角度や幅が違うのはNG!

だらしない人に見えてしまいます!キチンと整えましょう!

第1ボタンがあるレギュラーカラーは、襟をジャケットの外に出すのはNG!

第1ボタンを締めて、襟をジャケット中に収めるのが絶対的マナーです。

詳しくはこちらをご覧下さい。


まとめ

いかがだったでしょうか?

もし、撮影当日不安なことがありましたら、スタジオカメラマンにおまかせ下さい!!

カメラマンが企業の採用担当者に好印象を与えるポイントをアドバスをしながら撮影します。

貴方の魅力を引き出したベストショットを撮影いたします。


\\\\\スタジオ728 ご予約はこちらから。/////


スタッフ一同、ご予約、ご来店お待ちしております!


▽オススメ記事▽

就活の悩みスッキリ解決(男性編)こちら。

就活の悩みスッキリ解決(女性編)こちら。